ゼロから始める機械学習②~APIでAI開発~

ムとムのゼロから始める機械学習②
~APIでAI開発~

【記事のポイント】

  • AI・機械学習について何処よりも分かり易く解説します。
  • 本日は、APIでAIを作る方法を紹介します。

【対象読者】

  • これから機械学習の仕事に携わりたい方。
  • これから機械学習を利用したサービスの開発を検討される方。

【筆者(ぴよ猫)のスキル】

  • JDLAのG検定合格
  • SE歴20年のシステムアーキテクト
アム

こんにちは。
VRoidのアムだ。

こんにちは。VRoidのイムです。
私たち2人で機械学習、AIについて分かり易くお伝えします。世の中にAIの便利さが広まり、AIの活用が進むよう、微力ながら頑張ります。
どうぞ宜しくお願いします。

イム
アム

じゃーさっそくだけど、本日はAPIでAIを開発する方法を説明するな。

1.APIとは何か?

アム

AIってどうやって作れば良いんだ?
やっぱり、難しいプログラムを書かないといけないのか?

大丈夫。簡単なAIならAPIを使って簡単に作れるわ💛

イム
アム

???
エーピーアイって何だ?

API(Application Interface)は、色んなサービスを実行するためのコマンドのことで、自分のプログラムからAPIが提供するサービスを実行できます。

イム

色んなAIサービスを実行するAPIが沢山の会社から提供されているわ💛

イム
APIとは何か?

  • APIは既にあるサービスを実行するコマンド。
  • 沢山AIサービスがAPIとして用意されている。

APIで出来ること

アム

そーなんだ。それは助かるな。
具体的にAPIでは何が出来るんだ?

そうね。
APIを使えば、画像認識、音声認識、音声合成、翻訳、探索などが簡単にできるわ。

イム

性格診断なんかもAPIで出来るわね。

イム
APIで出来ること

  • 画像認識
  • 音声認識
  • 音声合成
  • 知識探索
  • 感情認識
  • 推論(翻訳など)

APIのメリット

アム

API凄いじゃん。
殆ど全てのことが出来るじゃん。

そうね。
APIを使えば、誰でも簡単にAIを作ることが出来るわ。

イム
APIのメリット

  • AIを簡単に作れる

APIのデメリット

アム

そうか。じゃーAPIの使い方さえ覚えれば良いんだな。
AIの開発って思ったより楽そうだな。

そうでもないわ。APIはお金がかかるの。使えば使うほど課金されるわ。

イム
アム

げっ。金かかるのか・・・。

それに、APIは汎用的に使えるものだから、逆に専門分野には弱いの。例えば、APIで車とか人を見分けることは出来るけど、故障箇所を見分けるとか専門的なことはAPIでは出来ないの。

イム

それに、APIで作れるサービスの大半は既に世の中にあるわ。誰でも簡単に使えるんだから当然ね。

イム
APIのデメリット

  • お金がかかる。
  • 汎用的な機能しか無い。
  • APIで出来ることは既に製品化されている。

APIの活用箇所

アム

えっ?ちょっと待って。
それだと、APIって何に使えるんだ?

それはアイディア一つね。
APIだけでは、高度なAI製品は作れないけど、ちょっとしたAI機能を既存の製品に組み入れるだけでも、今までに無い便利な物が作れるわ。

イム

例えばこれは、筆者が作ったGoogleの翻訳APIと朗読APIを使った英語朗読アプリです。APIを使うことで何とたった1日で作れたそうよ。


和英朗読AI~こりゃえーわai~

play.google.com/store

イム
APIの活用箇所

  • アイディアが大事
  • ちょっとした工夫に最適
  • 高度なAI製品は作れない

2.AI(機械学習)APIサービス一覧

APIサービスベンダー

アム

APIは誰が提供しているんだ?

沢山の企業がAI APIを提供しているけど、特にGoogle、Amazon、IBM、Microsoftが有名ね。

イム

AI(機械学習)APIサービス提供企業

企業 説明 AIサービス
Google Google検索で有名なインターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業。
AIブームの火付け役となったAlphaGoを開発した企業。
Google Cloud
Amazon ネット販売のAmazonで有名なアメリカの主要IT企業。ECサイト、Webサービス会社。 Amazon AWS
IBM コンピュータ関連製品およびサービスを提供するアメリカの老舗企業。
AIブームの火付け役となったWatsonを開発した企業。
IBM Watson
Microsoft Windowsで有名なアメリカの大手ITベンダー。 Microsoft Azure

AI(機械学習)APIサービス一覧

大手ITベンダーのAI APIサービスで出来ることを一覧にしました。参考にしてみてね💛

イム
分類 Google
Cloud
Amazon
AWS
IBM
Watson
Microsoft
Azure
画像認識 Vision Rekognition Visual
Recognition
Computer
Vision
文字認識 Vision Textract Visual
Recognition
Computer
Vision
音声認識 Speech-to-Text Transcribe Speech
to Text
Speech
to Text
音声合成 Text-to-Speech Polly Text
to Speech
Text
to Speech
動画認識 Video
Intelligence
Rekognition - Video
Video
Indexer
感情分析 Natural
Language
Comprehend Tone
Analyzer
Tone
Text
Analytics
性格分析 - - Personality
Insights
-
翻訳 Translation Translate Language
Translator
Translator
Text
意味解析 Natural
Language
Comprehend Natural
Language
Classifier
Text
Analytics
未来予測 - Forecast - -
会話応対 Dialogflow Lex Assistant Language
Understanding

どこのAIサービスを使うのが一番良いの?

アム

沢山あるなー。どこのAIサービスを使うのが一番良いんだ?

一概にどこが良いとは言えないわ。どこのベンダーのAIサービスも大半のことは出来るから、どこでも良いからまずは使ってみてAPIがどんなものかを知ることをお薦めするわ。

イム
どこのAIサービスを使うのが一番良いの?

悩まずどこでも良いから使ってみる

各ベンダーの特長

とは言っても、選ぶのが難しいと思うので各ベンダーのAIサービスの特長を纏めてみたわ。

イム
企業 AIサービス 特筆ポイント
Google Google Cloud ⭕ Google検索データを元にした翻訳と画像認識が強力。
Amazon Amazon AWS ⭕ Amazonの豊富な販売データをしたレコグナイズ機能が強力。
⭕ 高い実績を誇るAWS上にサービスを構築できる。
IBM IBM Watson ⭕ 感情・性格分析機能が強力。
⭕ IBMに自社製品の開発も依頼出来る(企業向け)
Microsoft Microsoft Azure ⭕ APIの機能が豊富

多少、私見が入るけどAIの精度はGoogleが一番よかったわ。APIも使い易いので初心者にはGoogleをお薦めします。
AI API以外のクラウドサービスも使う場合は、クラウドの実績の高いAmazonやMicrosoftも良いと思うわ。
お金があって何から何まで任せたい場合はIBMがお薦めです。

イム

3.APIの使用方法

アム

APIの機能は分かったけど、実際にどうやったらAPIを使えるんだ?

APIの使い方は各ベンダーで多少違うので各ベンダーのサイトを見るのが良いけど、参考としてGoogleのAPIを使う方法を説明するね💛

イム

STEP1:Googleアカウントを作成する

Google アカウントの作成ページでGoogleアカウントを作成します。
googleアカウント作成

STEP2:Google Cloud Platformにアカウント登録する

Google Cloud Platformにアクセスし、[無料トライアルを開始]のボタンをクリックします。ログインを求められるので、既存のGoogleアカウントでログインします。
Google Cloud Platform

STEP3:プロジェクトを作成する

以下のURLにブラウザからアクセスします。

https://console.cloud.google.com/projectselector/home/dashboard

[ホーム]-[ダッシュボード]を選択し、[プロジェクトを作成]ボタンをクリックします。

プロジェクト作成

STEP4:APIの有効化(例. Google Cloud Vision API)

Cloud Consoleの[メニュー]-[API Manager]を選択します。

プロジェクト作成

API Managerの[ライブラリ]から「Google Cloud Vision API」を選択します。

プロジェクト作成

APIの説明のページで[有効にする]ボタンをクリックします。

プロジェクト作成

STEP5:APIキーの発行

API Managerの[認証情報]を選択し、[認証情報を作成]をクリックします。そこで、「APIキー」を選択します。

APIキーの発行
APIキーは不正に利用されてしまうと予期せぬ課金が発生してしまう恐れがありますので、くれぐれもGithubのリポジトリなどに誤ってアップロードしないよう注意してください。

STEP6:サンプルプログラム(画像認識)の実行

GIT HUBからサンプルプログラムをダウンロードします。

https://github.com/asashiho/mynavi-ml-visionapiで[Clone or download]を選択し、[Download ZIP]をクリックします。
visionサンプル

main.jsをエディタで開き、取得したAPIキーを設定する

// このAPI_KEYにAPIキーを設定してください
// 例えば、APIキーが「abcdefg12345」の場合次のように指定します
var API_KEY = 'abcdefg12345';  ← 自分のAPIキーを設定する

index.htmlを実行しファイルを選択ボタンを押下し任意の画像ファイルを選択します

サンプルページ

送信ボタンを押します。

画像を解析した結果は、Vision APIからJSON形式で返却されます。

{
  "responses": [
    {
    "textAnnotations": [
      {
        "locale": "ja",
        "description": "のりかえ\nTransfer\n换乘갈아타는 곳\nバス\nBus\n",
        "boundingPoly": {
        "vertices": [
          {
            "x": 380,
            "y": 107
          },

4.本日のまとめと次回予告

本日のまとめ

  • APIで簡単に
    AIを使ったソフトウェアを
    開発出来る。

次回予告

最後までお読み頂きありがとうございました💛
少しでもお役に立てたなら嬉しいです。
次回は機械学習について解説します。

イム
アム

これからも宜しくな(^ ^)。

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告