一度は旅行したいイギリスの世界遺産5選


ルックJTBの海外旅行

ルックJTBの海外旅行

イギリスを旅行したいんだけど、何処がお薦め?
イギリスの世界遺産
お薦めは沢山ありますが、世界遺産は特にお勧めです。厳選したイギリスの世界遺産を5つ紹介します♥️
イギリスの世界遺産

当記事について

英国政府観光庁など現地の情報を元に、イギリスの世界遺産や見所を紹介します。
イギリスには31個もの世界遺産があります。今回はその中から厳選した5つの世界遺産を紹介します。

【主に参考にしたサイト】

【イギリスの世界遺産1】ビッグベン (エリザベスタワー)

ビッグベンの概要

ビッグ・ベン (Big Ben) は、イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台の大時鐘の愛称です。
現在では、転じて時計台全体・大時計そのものの名称として使われています。

ビッグ・ベン

ビッグベンの見所(英国政府観光庁のサイトより)

ビッグ・ベンは、ロンドンの有名なランドマークの中でも最もよく知られています。
このヴィクトリア王朝時代の時計塔は、イギリス政府の所在地である国会議事堂がある、
ウェストミンスター宮殿の一部を形成しています。「ビッグ・ベン」が実は、時を知らせて鳴る内部の巨大な鐘の名前であることには、時を移さず気づくことでしょう。国会議事堂見学ツアーに参加すれば、より詳しく知ることができます。

【イギリスの世界遺産2】ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院の概要

ウェストミンスター寺院は、イギリスのロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会です。
戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されています。
ウィリアム1世以来、エドワード5世、エドワード8世を除く全てのイギリスの歴代の王が、「エドワード懺悔王の礼拝室」で戴冠式を行っていまする。

イギリスの世界遺産・ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター寺院の見所(英国政府観光庁のサイトより)

ウェストミンスター寺院はベネディクト会の修道士は、960ADにウェストミンスター寺院を設立しました。今日まで、私たちはキリスト教の礼拝と歓迎の伝統を保持しています。
崇拝の場所であるだけでなく、ウェストミンスター寺院は芸術、織物、その他の工芸品の宝庫となっています。また、英国の歴史の中で最も重要な人々の一部が埋葬または記念される場所でもあります。

レディチャペル

16世紀の歴史家ジョンリーランドは、ヘンリー7世の女性礼拝堂を「世界の不思議」と呼び、今日も訪れる人々に不思議を呼び続けています。これは、壮大な扇形の天井と高いステンドグラスの窓を備えた中世後期の建築物の素晴らしい例です。
イギリスの世界遺産・ウェストミンスター寺院

王家の墓

ウェストミンスター寺院は、高貴な祭壇に祭られる壮麗なエドワード王自身の墓から始まり30人の王と女王の最後の休憩所です。今日見る教会を建てたヘンリー3世を含む別の5人の君主が彼を囲んでいます。
イギリスの世界遺産・ウェストミンスター寺院

戴冠式

ウェストミンスター寺院は、1066年以来すべての戴冠式の舞台であり、16の王室の結婚式を含む多くの他の王室の行事の舞台となっています。
イギリスの世界遺産・ウェストミンスター寺院
イギリスの世界遺産・ウェストミンスター寺院

クワイア

ウェストミンスター寺院は、千年以上にわたって毎日音楽に響き渡っています。修道院の毎日の合唱サービスの1つに来てください。クワイアが聖歌隊の屋台から歌うのを聞くことができます。10世紀の修道院の僧monが唱える平plainにさかのぼる伝統を続けています。
イギリスの世界遺産・ウェストミンスター寺院

【イギリスの世界遺産3】ロンドン塔

ロンドン塔の概要

ロンドン塔は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川岸、イースト・エンドに築かれた中世の城塞です。
正式には「女王(国王)陛下の宮殿にして要塞・ロンドン塔(Her(His) Majesty's Royal Palace and Fortress of the Tower of London)」と呼ばれ、現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されている。ロンドンにおいては単に「塔(the Tower)」と称した場合はこの場所を指します。世界最大級のカット・ダイヤモンド「カリナン」はここで保管されている。

イギリスの世界遺産・ロンドン塔

ロンドン塔の見所(英国政府観光庁のサイトより)

ロンドンの塔は、1,000年近くに及ぶ衝撃的な物語と恐ろしい物語が古代の石垣の中に収められているため、ロンドンの豊かで複雑な遺産に関する魅力的な洞察を提供します。

クラウンジュエル

1600年代からロンドン塔に保管され展示されているクラウンジュエルに驚嘆してください。この注目に値するコレクションには、英国王室の最高の宝物とともに、世界で最も優れたダイヤモンドのいくつかが含まれています。

ビーフィーターツアー

一般的にビーフィーターとして知られているヨーマンワーダーからのツアーで、タワーの歴史とその居住者に関するインサイダーの知識を得る。ビーフィーターはタワーに住んでいて、何世紀にもわたって守ってきました。そして、投獄、処刑、拷問の興味深い物語を共有するのが大好きです。

ホワイトタワー

ホワイトタワーには、最古の博物館展示品の1つであるLines of Kingsがあります。ここでは、ヘンリー8世やチャールズ1世のものを含む、歴史的な鎧の印象的なコレクションを見ることができます。

ブラッディタワー

城の敷地内で最も悪名高い刑務所の1つであるブラッディタワーで行われた神話、伝説、そして驚くべき出来事について学びましょう。

ロイヤルビースト

かつて王室の動物園があったエリアを探索しましょう。何百ものエキゾチックな動物のコレクションです。ライオンから象、ワニ、カンガルーにいたるまで、ロンドン塔内で飼育されている種の数を知ると、ショックを受けます。

【イギリスの世界遺産4】ストーンヘンジと関連する記念建造物群

ストーンヘンジと関連する記念建造物群の概要

ストーンヘンジと関連する記念建造物群は、ソールズベリーの南ウィルトシャーに位置している先史時代の巨石建造物群である。登録面積は約 26 km2 で、ストーンヘンジを中心としている。建造年代は紀元前3000年頃から大きく三期に分けられているが、建造目的等は諸説あって確定していない。

イギリスの世界遺産・ストーンヘンジ

ストーンヘンジと関連する記念建造物群の見所(英国政府観光庁のサイトより)

ストーンヘンジは、おそらく世界で最も有名な先史時代の記念碑です。いくつかの段階で建てられました。最初の記念碑は約5,000年前に建てられた初期のヘンゲ記念碑で、ユニークなストーンサークルは紀元前2500年頃の新石器時代後期に建てられました。

【イギリスの世界遺産5】国会議事堂 (ウェストミンスター宮殿)

国会議事堂 (ウェストミンスター宮殿) の概要

ウェストミンスター宮殿は、イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に存在する宮殿。現在は英国議会が議事堂として使用しています。併設されている時計塔(ビッグ・ベン)とともにロンドンを代表する景色として挙げられ、所在地はロンドンのミルバンクです。なお近隣のテムズハウスは保安局(MI5)の本部となっています。
テムズ川を悠然と見下ろす国会議事堂は、ロンドンで一番、英国でも指折りの認知度を誇る建物です。

![イギリスの世界遺産・ウェストミンスター宮殿](https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shibayu2018/20190923/20190923095444.png" イギリスの世界遺産・ウェストミンスター宮殿")

本日は以上となります。これからも宜しくお願い致します。
宜しく

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告