一度は旅行したいアメリカの世界遺産5選


ルックJTBの海外旅行

ルックJTBの海外旅行

アメリカを旅行したいんだけど、何処がお薦め?
アメリカの世界遺産
お薦めは沢山ありますが、世界遺産は特にお勧めです。厳選したアメリカの世界遺産を5つ紹介します♥️
アメリカの世界遺産

当記事について

アメリカ州観光局など現地の情報を元に、アメリカの世界遺産や見所を紹介します。
アメリカには、24個の世界遺産があります。今回はその中から厳選した5つの世界遺産を紹介します。

【主に参考にしたサイト】

【アメリカの世界遺産1】自由の女神像

自由の女神像の概要

自由の女神像 自由の女神像はアメリカのニューヨーク港内リバティ島にあり、正式名称は「世界を照らす自由」といい、アメリカの自由と民主主義の象徴となっています。

アメリカの世界遺産・自由の女神像

自由の女神像の見所(アメリカ州観光局のサイトより)

自由の女神像はニューヨーク・シティ湾中央に浮かぶ小さな島に立っています。自由の女神像は彫刻家フレデリック・アウグスト・バルトルディによって製作され、1876年にアメリカ独立100周年を記念しフランスの人々から国際的友情の印に贈られました。以来、自由の女神像は自由と民主主義の象徴として世界的に知られています。
自由の女神像の足元に立ち女神像を仰ぎ見ると、女神像ははるかに印象的です。この眺めを見るためにフェリーでリバティー島を訪れる価値ありです。自由の女神像内には入れませんが、女神像の台座部が見学できます。台座部内にある展望台に入園し、女神像の構造を内側から観察できます。これらのツアーには追加料金はかかりません。フェリーチケット購入時に、これらのツアーの予約ができます。毎日、指定時間に限られた人数しかツアーに参加できないので、ツアーの予約は早めにどうぞ。
リバティー島を訪れると、移民博物館のあるエリス島にも無料で行けます。以前、エリス島は外国からアメリカに来た多数の移民と難民の人々を収容する、移民クリアランス・センターとして使用されていました。ここは私達の祖父母の多くがアメリカの地に足を踏み入れた最初の場所で、そのユニークな歴史は多数のアメリカ国民にとって重要なものです。

【アメリカの世界遺産2】グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園の概要

グランド・キャニオン国立公園は、アリゾナ州北西部に位置している。公園内には、コロラド川の峡谷であるグランド・キャニオンがあり、これは大自然の驚異の1つとされている。この公園は4,927 km2)の面積を占めている。

アメリカの世界遺産・グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園の見所(アメリカ州観光局のサイトより)

グランドキャニオンはとにかく素晴らしいの一言に尽きます。ここは単なる峡谷というよりもむしろ、峡谷やその裂け目や岩の塊が、なんとも不思議な形に孤立する山、地卓、尖塔岩と入り交じる迷宮であるとも言えるでしょう。色とりどりに重なる沈殿物の結晶が、時間の経過とともに、光線の具合でさまざまな表情を見せています。大自然の驚異とは、まさにこのような景観を指すのでしょう。
偉大なるグランドキャニオン。その全長はおよそ200マイル(320キロ)、峡谷の幅は場所によって、10マイル(16キロ)から15マイル(24キロ)にもわたります。谷のいちばん深いところでは、リムと呼ばれる崖の上から谷底を流れるコロラド川まで、垂直に1マイル(1.6キロ)以上も切れ込んでいるのです。

グランドキャニオンのVR動画

https://travel5.hateblo.jp/entry/2019/08/24/110938

【アメリカの世界遺産3】ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園の概要

ヨセミテ国立公園は、アメリカ合衆国カリフォルニア州中央部のマリポサ郡及びトゥオルミ郡にある、自然保護を目的とした国立公園である。そこに住んでいたネイティブアメリカンの部族の呼称から名づけられた。

アメリカの世界遺産・ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園の見所(アメリカ州観光局のサイトより)

ヨセミテ国立公園はサンフランシスコからおよそ200マイル(300km)東にあるカリフォルニアのシエラネバダ山脈に位置しています。
ヨセミテ国立公園の谷の中には9つのすばらしい滝があります。そのうちの5つは1000フィート(300メートル)あり、2425フィート(800メートル)のヨセミテの滝を含んでいます。ヨセミテ・バレーはとても美しいです。
ヨセミテ国立公園は米国で最も人気な観光の名所の1つです。これはロサンゼルスとサンフランシスコの人口中心の近接のためでもありますが、本当はヨセミテ・バレーの信じられない自然の美しさがあるからです。

【アメリカの世界遺産4】イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園の概要

イエローストーン国立公園はアイダホ州、モンタナ州、及びワイオミング州に位置するアメリカ合衆国の国立公園である。1872年に世界初の国立公園に指定されており、ワイオミング州北西部を中心として3,470平方マイル(8,980㎢)にわたる。この国立公園には様々な間欠泉や温泉、地熱による観光スポットが散在していることで有名であるが、グリズリーやオオカミ、アメリカバイソン(バッファロー)やワピチ(エルク)の群れが生息していることでも知られる。ここは地上に残された数少ない手付かずの巨大温帯生態系の一つであるイエローストーン圏生態系の中心になっている。

アメリカの世界遺産・イエローストーン国立公園

イエローストーン国立公園(アメリカ州観光局のサイトより)

イエローストーン国立公園は世界で見つけられた中で最も奇妙でおもしろい地質がいくつかあります。この広大なカルデラと火山の盆地は何千年前に噴火した巨大な火山の残りです。この地域はめったに見るチャンスのない地熱現象を見る機会を与えてくれます。ここでは湯と蒸気が泡立ちながらしゅうしゅう、ドクドク音を立てて湧き出でて、カラフルなミネラルに覆われた温水と噴気孔があるわずかな場所のひとつです。泥の気泡とカラフルな液体が一面に貼り付いて大きい火口丘を形成しています。数百もの間欠泉は温泉のなかで何時間も、何日も静かに眠ります。そして準一定の間隔で湯と蒸気が何百フィートも上昇し、そしてまた眠りに戻ります。世界中のほかの場所でいくつかの間欠泉を見つけることができますが、最もアクティブな間欠泉がイエローストーン国立公園に一番多くあります。
イエローストーンはこの奇妙で美しい山水の美を保存するために米国政府によって1876年に創設された最初の国立公園です。
イエローストーン国立公園はさまざまなアメリカの野生生物の避難所として役立っています。数少なくなった米国の野生のバッファローの群れは野生のオオジカ、鹿、ヘラジカ、コヨーテ、ワシ、クマ、およびオオカミの広大な群れと共にイエローストーンの草地を平和に歩き回っています。イエローストーンの豪華な風景を通り抜けるときに車からこれらの野生生物の多くを見かけることができます。

【アメリカの世界遺産5】独立記念館

独立記念館の概要

独立記念館は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州のフィラデルフィアにある、アメリカ独立宣言が行われた建物。

アメリカの世界遺産・独立記念館

独立記念館(アメリカ州観光局のサイトより)

アメリカの独立記念館はフィラデルフィアにあります。フィラデルフィアはアメリカ国内で最も古い都市であり、歴史的アトラクションがあふれるほどたくさんあります。ほとんどの歴史的アトラクションは入場料金が無料またはとても料金が安く、それぞれのアトラクションが隣接して建っています。
1732年~1756年に建設された独立記念館は、ペンシルバニア州の州議事堂として使用されていました。独立宣言およびアメリカ合衆国憲法がここで署名されました。独立記念館へのアクセスは、入場当日に受取った入場時間が決まったチケット(3月1日~12月31日)を持っていると入場無料です。
また、フィラデルフィアにある自由の鐘センターは、この地域で最も人が訪れる観光スポットです。
自由の鐘は重量が2000ポンド(907 kg)もあります。1846年のジョージ・ワシントン誕生祝賀会でも使われました。

本日は以上となります。これからも宜しくお願い致します。
宜しく

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告