Androidでラムダを利用する方法を分り易く解説します

こんにちは。管理人のピヨ猫でーす。

Androidのコーディングにラムダを使う方法を紹介します。

記事の説明です

 

1.ラムダってな~に

ラムダはJavaで関数型のプログラムをするのに使うものです。
関数型インタフェースを実装したクラスのメソッドを、簡単な記述で呼び出すことが出来ます。
詳しくは以下のサイトに詳しく説明がありますので、リンクを貼っておきます。

Java8のラムダ式を理解する

JavaScriptなどの関数型になれている方だと、Javaで関数型で実装したいなというときがあると思います。そういう場合はJavaでラムダが書けると便利です。

今、ちょっとワタワタしているので、時間できたら落ち着いて記事にします。
雑ですみませんm(_ _)m

2.Androidでラムダを使う方法

コンパイラのバージョンをJava1.8に変更する。

[build.gradle(Module)]

android {
 ・・・
 compileOptions {
  sourceCompatibility JavaVersion.VERSION_1_8 <!-- コンパイラのバージョンに1.8を指定 -->
  targetCompatibility JavaVersion.VERSION_1_8 <!-- コンパイラのバージョンに1.8を指定 -->
 }
}

3.ラムダの実装サンプル

c void onClickExecuteButton(View view) {
  TextView text = (TextView)findViewById(R.id.result_text);
  new HttpRequestor(
    this,
    "https://piyonekochannel.com/",
    "読込中...",
    b -> {    // ラムダ式
     text.setText(new String(b));
    },
    e -> {    // ラムダ式
     text.setText(e.toString());
    }
  ).execute();
 }
}

本日は以上です。この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

がんばろー

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告