AIが仕事を奪う!?翻訳・通訳の仕事の今後

最近AIがブームですが、AIって何?SF?バーチャルYoutberにいるよね?と、そもそもAIって良く分からないので沢山疑問があると思います。そんな悩みを解決すべく、日本ディープラーニング協会 G検定合格者のぴよ猫がAIの疑問にお答えします。

AIの浸透で翻訳や通訳の仕事がなくなったり減少したりする可能性ってあるのかな?
AIの疑問。AIは翻訳・通訳の仕事を奪う?
無くなることはまず無いけどー、減少する可能性はあるよ。気になる方は以降の記事を読んでね。
AIは翻訳・通訳の仕事を奪うかと言う疑問への回答

1.10年後に無くなる仕事

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーンがAIの発展で10年後には多くの仕事が無くなると論文で発表しました。
この記事によると通訳、翻訳の仕事の無くなる可能性は38% です。
www.oxfordmartin.ox.ac.uk

2.AIが出来ることと苦手なこと

AIのイメージ

AIというと何を思い浮かべるでしょうか?筆者はAIと聞くと鉄腕アトム、ドラえもん、ターミネーター、タチコマ、R2D2などが思い浮かびます。どれも人間と同じことができますね?なので、AIと聞くと人と同じようなことが出来る人に取って変わるものというイメージがある方も大勢いるようです。
AIのイメージ

AIに出来ること

現在のAIは画像認識、音声認識、音声生成などで人より高い正確さを持っております。また、人の特権であった曖昧なことを見分けることもAIで出来る様になりました。そのため今は様々な作業をAIを用いたコンピューターに行わせることが出来ます。

AIの翻訳精度はかなり高い

AIによる翻訳はTOEIC900越えの精度とも言われており、非常に高い精度です。

AIの弱点

高い能力を誇るAIですが、大きな弱点が2つあります。それは意味を理解していないことと、汎用性が無いことです。

弱点1.意味を理解していない

今のAIは文章の意味を理解していません。そのため直訳は出来ても意訳が出来ません。

弱点2.汎用性が無い

現在のAIは特化型と呼ばれており、人が出来ることの一部の作業しか出来ません。部分部分を組み合わせて複合機能は作れますが、都度開発コストがかかります。そのため、例えば人の表情を見て表現を変えた翻訳をするようなAIを作ろうとすると多額の費用がかかります。

3.AIに通訳・翻訳の仕事が出来るか?

AIが通訳・翻訳の仕事を全て行うのは難しい

直訳の精度は非常に高いAIですが、通訳・翻訳の仕事には英語力以外も必要になるので、今のAIで同じ仕事をするのは難しいと思います。特に前述した2つの弱点がネックになります。試しに素晴らしい意訳と名高いアナ雪のLet it goをAI(google翻訳(※))にかけてみました。
※google翻訳はAI(機械学習)で実現されています。

Let it goのAI翻訳

英語の歌詞

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen
A kingdom of isolation and it looks like I’m the Queen.
The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn’t keep it in, heaven knows I tried.
・・・
Let it go, let it go Can’t hold it back anymore
Let it go, let it go Turn away and slam the door.

日本語の歌詞

降り始めた雪は足あと消して、真っ白な世界に一人の私。
風が心にささやくの、このままじゃダメなんだと。
・・・
ありのままで空へ風に乗って、
ありのままで飛び出してみるの、
二度と涙は流さないわ。

AI(Google翻訳)

今夜は雪が白く輝く
見るべき足跡ではない
孤立の王国 私は女王だ。
風はこの渦巻く嵐のように中に吠えています。
それを維持することができなかった、天は私が試したことを知っている。
・・・
手放す、手放す、もうそれを抑えることはできません
手放す、手放す、目をそらしてドアを閉める

Let it goのAI翻訳の感想

AIも良く訳してます。直訳としてはほぼ合ってる!!
しかし・・・、Let it goの日本語の歌詞すげー。これ訳した方、凄すぎ。どーやったらこんな綺麗な意訳が出来るんだ。
AIの翻訳の力にびっくり!

AIに翻訳の仕事が難しい理由

映画の英語の歌を訳す場合、ストーリー、口の動きなども含めて訳すらしいです。これをAIに行わせようとすると、ストーリーの理解について、前述の弱点1がハードルになります。また、口の動きを捉えるのに弱点2がハードルになります。
このため、AIが人と同等になるのは先になりそうです。

4.結論~通訳・翻訳の仕事は暫く無くならないが減少はする~

通訳・翻訳の仕事は幅広い知見が必要

冒頭の10年後に無くなる可能性30%が物語っていますが、通訳・翻訳の仕事は幅広い知見が必要でAIで真似ることは直ぐには難しいと思います。

簡単な仕事は少なくなる

ただし、前述のAIの翻訳を見ても分かるように、AIの翻訳は直訳では高い精度です。なので、あまり綺麗な翻訳は求めないという仕事は減ると思います。事実としてマイクロソフトなどのプログラムマニュアルはAIによる翻訳をそのまま公開していますので、マニュアルの翻訳など飾らなくて良いものはAIがするようになると思います。
<a href="https://www.microsoft.com/ja-jp/translator/business/machine-translation/>www.microsoft.com

ドラえもんの翻訳コンニャクさながらの翻訳機も既に売られています。

AI時代に生き抜くために

AIは人の仕事を奪うものでなく、助けるもので合って欲しいと思いますが、産業革命の際に多くの失業者が生まれた様に、AIの発展に伴い職を追われる可能性がゼロではありません。高い専門性を持って入れば向こう10年、AIに負けることはありませんので、高い専門性を磨くことが大事だと思います。

それでは、少しでもこの記事がお役にたったら幸いです。
質問も募集中です。コメント貰えると嬉しいです。
宜しくお願いします

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告