ソフトウェアテストシンポジウム 2019 東京 JaSST’19 Tokyo参加レポート

こんにちは。管理人のピヨ猫でーす。

ソフトウェアテストシンポジウム 2019 東京 JaSST'19 Tokyoに出てきましたーー。
仕事の都合で初日の2セッションしか出れませんでしたが、興味深いセッションがあったので記事に致します。
今年はAIの話がやたら多かったです。ブームですねー。

趣旨

 

1.JaSSTとは

JaSSTはソフトウェア品質向上に関する教育や調査研究、普及振興事業を行うNPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)が開催するソフトウェアテストシンポジウムです。

aster.or.jp

www.jasst.jp

2.JaSST'19 Tokyoのセッション内容

こんな感じです。

f:id:shibayu2002:20190328222934p:plain
f:id:shibayu2002:20190328222957p:plain

特筆するのはAIに関するセッションが5つもあることです。
さらにオープニングとクローズセッションは両方AIです。
AIの注目度と期待度の大きさがうかがえます。

ですが、逆に、AIに関するセッションは35程度あるセッションの中の5セッションですから、全体では15%弱になります。
まだまだ全体から見たら少なくセッションを聞いている方の反応もほとんどの方はAIって何?という感じではありました。
まだまだ、認知度は高くないようです。
このブログが少しでも世にAIを広める役に立ったら嬉しいな。

3.注目セッション!!基調講演「AI-Driven Testing: A New Era of Test Automation」

Tariq King(Ultimate Software)(※同時通訳)

セッションの内容

Researchers and practitioners have recognized the potential for advances in artificial intelligence and machine learning to help bridge the gap between human and machine-driven testing. As a result, a new wave of AI-based test automation tools is being developed. Such tools leverage autonomous and intelligent agents to mimic how human testers observe, explore, model, reason and learn about a software product. But is this technology any good? How does it work? And can it truly transform the field of software testing? This keynote explores the world of AI-driven test automation and dives into its benefits, challenges, limitations, and other impacts to software testing.

研究者やプラクティショナーは、人間と機械駆動型testのギャップはいずれ人工知能や機械学習によって埋められるであろうことを認知していました。結果として、AI を基盤とするテスト自動化ツールが次々と開発されています。そのようなツールは、人間のテスターがソフトウェア製品をどのようにして観察、探求、モデル化、論理的な理由づけや学習しているのかを、自律的かつインテリジェントなエージェントが模倣することに活用されています。しかし、この技術は本当に役に立つのでしょうか。どのように機能するのでしょうか。また、ソフトウェアテスト業界に本当に転換をもたらすのでしょうか。本基調講演では、AI 駆動型のテスト自動化を探索し、その利点、課題、限界やソフトウェアテストへのその他の影響について深く掘り下げます。

講師プロフィール

写真:Tariq King 氏

Tariq King 氏(Ultimate Software)

Senior Director Quality Engineering

Tariq King is the senior director and engineering fellow for quality and performance at Ultimate Software. With more than fifteen years' experience in software testing research and practice, Tariq heads Ultimate Software's quality program by providing technical and people leadership, strategic direction, staff training, and research and development in software quality and testing practices. Tariq is a frequent presenter at conferences and workshops, has published more than thirty research articles in IEEE- and ACM-sponsored journals, and has developed and taught software testing courses in both industry and academia. His primary research interest is engineering autonomous self-testing systems. He is cofounder with Jason Arbon of the Artificial Intelligence for Software Testing Association. Contact Tariq via LinkedIn.

テストをAIで完全自動化したいという話でした。
テストの実行を自動化するのではなく、テストケースの作成から実行までの全てをAIで行おうという試みをされているそうです。
若干、まだ夢な気がしますが、もうそこまで考えて取り組む時代がきたかと感じました。
ツールをGIT HUBに公開されているそうです。

github.com

コミュニティを作られているそうで、誰でも参加して良いみたいです。

www.aitesting.org

講義の中で何回か使った「魔法は無い」という言葉が印象的でした。

  • 脳の仕組みは数式で実現できることが分かった。魔法ではない。
  • テストケース作成を集めるには有識者の知識を取り出す必要がある。
    頭の中を取り出す魔法はない。人がやっていることと同じ様に有識者からヒアリングなどで知識を取り出すことをAIにやらせる必要がある

AIも魔法じゃないから理論だって考えよう。逆に魔法ではないから実現は可能だという強い思いを感じました。

こんにちは。管理人のピヨ猫でーす。 Androidで音声入力を実装する方法を紹介します。   【目次】 音声入力ってな~に Androi...

4.積極的にAIコミュニティに参加していきたい

当ブログの目的もAIを世に広めたいですから、通じるものがありました。
英語は全然得意でないけど、積極的にコミュニティに参加したいなと思います。
まずは、読むだけでも!!頑張ります!!

AIテスト自動化のコミュニティ
  ↓↓↓

AI for Software Testing Association

AIST
AIST

本日は以上です。少しでも記事がお役に立てば幸いです。

がんばろー

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告