FXの基礎~FXスワップ投資法~

AIによるFXの予想にチャレンジしています!!
本日はAIでFX予想をする前の前提として、FXの基礎のスワップ投資法についてご紹介いたします。

FXスワップ投資法

1.FXのスワップについて

FXのスワップとは

FXで例えばドルを買った場合、毎日ドルの金利がもらえます。これをスワップと言います。
正確にはスワップはドル金利ではなく以下の計算式により求められた金額となります。

  • 1年間のスワップ = 為替レート×保有通貨数×金利差-FX業者の手数料
    = 為替レート×保有通貨数×(買い通貨の金利 - 売り通貨の金利)-FX業者の手数料
  • 1日のスワップポイント = 1年間のスワップ金利÷365日

FXのスワップは金利差

スワップは保有通貨の金利ではなく、金利差(買い通貨の金利 - 売り通貨の金利)になります。
例えば、ドルの金利が3%、円の金利が1%であれば円売/ドル買時のスワップ金利は3% - 1% = 2%となります。
注意すべき点は、金利差が逆転した場合はマイナス金利となることです。例えば、ドルの金利が1%、円の金利が3%であれば、円売/ドル買時のスワップ金利は1% - 3% = -2%となります。

FXのスワップ金利

FXのスワップ金利を払うのは取引者自身

細かい理屈は抜きにしますが、スワップは銀行の金利と違い金利を払うのは取引者自身です
例えば、貴方が円売/ドル買をしてドルを保有している場合、金利を払うのは銀行でもFX業者でもなく、あなたにドルを売って円を買った取引の相手方です。
ドル円の金利がドルの方が高い場合、金利を受け取るのは貴方ですが、円の金利の方がドルより高ければ金利を払うのが貴方になります。

FXのスワップ金利

2.FXのスワップはどれくらい貰えるの?

FXのスワップはどれくらい貰えるか?

スワップは金利差なのでどれくらい貰えるかは各国の金利によりますし、金利差を貰う場合と払う場合があるので一概に幾ら貰えるとは言えませんが、2019年6月現在で円売りドル買いをした場合は年間で2.5%程の金利が貰えます。日本の金利は2019年6月現在はほぼゼロですので、2.5%貰えるのはとても良い数字です。

FXのスワップの推移(100万円あたりの月間スワップ金額)

ドル/円のスワップポイント

FXのスワップポイントの推移(ドル)
2010年~2016年にかけてはゼロに近い金額ですが、多い時では5%の金利となっています。

オーストラリアドル/円のスワップポイント

FXのスワップポイントの推移(オーストラリアドル)
コンスタントに2~3%の金利となっています。

ユーロ/円のスワップポイント

FXのスワップポイントの推移(ユーロ)
2010年以降、プラスの場合もあればマイナスの場合もあります。

3.FXのスワップ投資法

FXのスワップ投資法とは

スワップ投資法とは、その名前の通り、スワップで儲けを得る方法です。
スワップ投資法は短期売買をしないで、長期で金利の高い通貨を保有し、スワップポイントを貰う手法です。銀行の定期預金に近いイメージです。

FXのスワップ投資法のリターン

金利の良い通貨を選べば年間で2%程度の利益が見込めます。
現在、日本はゼロ金利政策をしており、日本の状況を踏まえればこの政策は暫く続く可能性が高いので、日本の金利の定期預金に預けるよりは良い利回りを期待できます。

FXのスワップ投資法のリスク

FXは直ぐに手放せない場合がある(流動性リスク)

FXは毎日24時間取引が出来て、すぐに買い手も見つかるのですが、為替レートは日々変動しているので、買った時と同じ金額で売れるとは限りません。
為替レートは長期的な視点で見ると上がったり下がったりを繰り返し元の金額に戻る時があります。
以下はドル円為替レートの推移です。
FXのドル円為替レートの推移
これを見ると110円近辺で買えば、同じ金額以上で売れるタイミングチャンスが数回訪れています。
しかし、2019年~2013年は110円以下です。この時期売りたいと思っても売れないか、諦めて安い金額で売るしかありません。
この様に、スワップ投資法の場合、売りたいタイミングで売れない流動性リスクが存在します

FXのスワップは金利差が逆転する場合がある

上述の通り、スワップは金利差がマイナスだと、逆に金利を支払う必要があります。
そして、金利は日々変動しますので、買った時はプラスの金利でも何時の間にかマイナス金利となる可能性があります。
日本の経済情勢から日本の金利は暫くゼロ金利が続くと見込まれるので、日本円⇔XX通貨の取引では金利差が逆転する可能性は低いと思いますが、ユーロ円の様に金利差が逆転する場合もあるので注意が必要です。
FXのスワップポイントの推移(ユーロ)

FXのスワップ投資法の注意点

スワップ投資法には上述のリスクはありますが、各国の情勢を見極めて金利差が大きい通貨を購入すれば、銀行預金より大きい利回りが見込めます
しかし、スワップ投資を行う場合は、あまり欲をかかないことをお薦めします。
FXはレバレッジをかけて手持ち金額の数十倍の資金を動かせますので、少ない元手で数千万の金額を動かすことが出来ます。数千万あれば年間で100万前後の利子を得ることも可能です。
しかし、レバレッジを大きくすると為替レートが大きく動くと強制ロスカットされて、買った時より安い金額で手放すことになりますので、スワップ投資をする場合には小さいレバレッジにされることをお薦め致します。
なお、スワップ投資法は欲をかかずに手堅く運用すれば、銀行預金より設けることが出来るので、ゼロ金利のこのご時世ではかなりお薦めの手法だと思います。
お薦めです

FX


FX

免責事項

当ブログは、特定の投資を勧誘するものではなく 投資に関する最終決断は、ご自身のご判断でなさいますようお願い申し上げます。
FXにより発生した損失や損害について管理人(ぴよ猫)は一切責任を負いません。FXは自己責任でお願いします。

広告




スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告